予想

【レース予想】七夕賞を勝つ馬はこの馬だ!!【七夕賞】

こんにちは

当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

この記事ではG3七夕賞の予想を行なっていきます。

【レース予想】七夕賞を勝つ馬はこの馬だ!!

①七夕賞枠順
②有力馬紹介
③レース予想

こちらの順番で七夕賞を予想していきます。

七夕賞枠順

連覇を狙うクレッシェンドラヴは5枠9番
福島競馬場と相性が良いヴァンケドミンゴは大外8枠16番
先行力が自慢のトーラスジェミニは2枠4番

以上のような枠順に決定しました。

有力馬紹介

クレッシェンドラヴ 内田博幸

昨年のこのレースの覇者であり、連覇を狙うクレッシェンドラヴ。

昨年の七夕賞での勝利から勝ち星から遠ざかっておりますが、ジャパンカップ、有馬記念、大阪杯とG1に挑戦し、この馬にとってはレベルが高かったようです。

この馬自身福島競馬場での成績が(2, 3, 0, 0)と連対率が100%。
福島競馬場は好成績で相性は良さそうです。

去年勝利した、七夕賞では斤量負担が57kgでしたが、今年は1kg増えた58kg負担となります。
斤量負担57kgでの出走はこの馬自身初の経験となり、心配面はありそうです。

ヴァンケドミンゴ 酒井学

昨年の七夕賞の3着馬であるヴァンケドミンゴ。

この馬もまた福島競馬場での成績が(4, 1, 1, 0)と複勝圏内100%と馬券を外していません。

昨年の4月に行われたエールステークス(3勝クラス)を勝利すると、ここから一気に調子を上げ11月のG3福島記念まで重賞を含む3レースに全てにおいて複勝圏内に入っています。

しかしながら今年に入ってからというもの、馬券に絡む活躍はできていません。
この馬の得意な福島競馬場が開催されなかったことも理由の1つにあるでしょう。

得意の福島競馬場でのレースで巻き返しを図ります。

トーラスジェミニ 戸崎圭太

前走の安田記念では13番人気ながらも5着の掲示板に入る活躍を見せたトーラスジェミニ。

また記憶に新しいのが昨年の6月に行われたエプソムカップでは18番人気ながら自慢の先行力を上手く活かして3着に入り込みました。

この馬自身全7勝をあげていますが、その内大半の6勝が逃げでの勝利となっています。
今回の相手を見てみるとショウナンバルディやロザムールあたりが前に付けそうですが、トーラスジェミニの方が1600mでも逃げてきた経験もあり、すんなり前には付けれそうです。

今年の東風ステークスでは斤量負担58kgを背負いながらも逃げ切り勝利をしていますし、前述の安田記念でも58kgで一線級相手に好成績を残しているのでこの馬にとって57kgは問題なさそうです。

しかしながらこの馬がこれまで主に走ってきたレースは1800m以下のレースと距離が持つかどうかの心配面はあります。
一応2000mでも1勝していますが、2歳の時とかなり前の話になります。

鞍上は前走の安田記念から引き続き戸崎圭太騎手が騎乗するのでその点ではプラスになりそうです。

クラージュゲリエ 吉田隼人

2歳時にG3を勝利しているクラージュゲリエ。

前走前残りのレースで良いポジションに付けていたものの沈んでしまったのは気になります。
今回はペースも流れそうなのでこの馬には向く展開のレースにはなりそうです。

今年の日経新春杯では3着と好走しているので、そろそろ久しぶりに重賞での勝利が欲しいところです。

予想

◎ショウナンバルディ
◯クレッシェンドラヴ
▲マウントゴールド
△ブラックマジック

本命はG3鳴尾記念で2着に入ったショウナンバルディにします。
鳴尾記念で勝利したユニコーンライオンはその後のG1宝塚記念で堂々の2着。
相手関係を考えたら上位に入り込むでしょう。

連覇を狙うクレッシェンドラヴは対抗。

マウントゴールドは都大路ステークスを勝利していて調子を上げてきていますし、ブラックマジックもこの距離では侮れません。

まとめ

七夕賞の有力馬、予想を紹介しました。

サマー2000シリーズの開幕戦に注目していきましょう!

【レース予想】プロキオンステークスを勝つ馬はこの馬だ!!【プロキオンステークス】こんにちは 当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。 この記事ではG3プロキオンステークスの予想を行なっていきます。...

買い目はAIの予想と絡めてTwitterで発信します。
Twitterのフォローをお願いします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA