予想

【JRA重賞予想】セントライト記念を勝つ馬はこの馬だ!!【セントライト記念】

こんにちは

当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

この記事ではG2セントライト記念の予想を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果からセントライト記念を読み解く【セントライト記念】こんにちは 当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。 今週の中山競馬場では最後の一冠へ向けた一戦 セントライト記念が開...

【JRA重賞予想】セントライト記念を勝つ馬はこの馬だ!!

①セントライト記念枠順
②有力馬紹介
③レース予想

こちらの順番でセントライト記念を予想していきます。

セントライト記念枠順


以上ご覧のような枠順で決定しています。

有力馬紹介

タイトルホルダー 横山武史

弥生賞1着、皐月賞2着の好走経験があるタイトルホルダー。

これまで6戦のキャリア全てのレースにおいてスムーズに前につける競馬をしていて、成績も(2, 2, 0, 2)と日本ダービーの6着が最低着順なので大崩れはありません。
先行馬が有利であるセントライト記念はとてもこの馬にとっては合っていると考えられます。

また、中山競馬場の成績も(2, 1, 0, 1)相性が良いと言えるでしょう。
中でも弥生賞で勝利した実績はセントライト記念の好走を示唆し、昨年弥生賞馬であるサトノフラッグを見てもセントライト記念で2着に入っています。
また、今年の弥生賞2着のシュネルマイスターもその後のG1NHKマイルカップで優勝、さらには安田記念にも出走し3着と力を見せていて、その馬に勝利している実績はとても強みであると言えるでしょう。

しかしながら、前述の中山実績は全て内回りでの成績となり、外回りコースは今回が初となります。
その点が心配ではありますが、亡くなってしまった父ドゥラメンテのためにも好走してくれることに期待します。

オーソクレース C.ルメール

前走G1ホープフルステークス2着以来約9ヶ月ぶりのレースとなるオーソクレース。

実績のあるマリアライトを母にもつオーソクレースでしたが、ホープフルステークス2着後、皐月賞を前にして骨折をしてしまい長期休養を余儀なくされました。

約9ヶ月ぶりとなるレースとはなりますが、ホープフルステークスでは同じくセントライト記念に出走予定のタイトルホルダーに0.3秒差をつけて先着しています。
C.ルメール騎手を鞍上に迎え、なんとしても勝利を掴みたいところではあります。

ソーヴァリアント 戸崎圭太

夏競馬で才能を開花させたソーヴァリアント。

能力があるにも関わらず、不運なことも重なり新馬戦含め1勝するまでに4戦もかけてしまいましたが、夏競馬でその能力を開花させここまで勝ち上がってきました。
1勝クラスでは単勝1.3倍の人気を背負いつつも古馬が混じるメンバー構成の中、2着に6馬身差をつける圧勝で勝利を飾ると、2勝クラスもその勢いのまま3馬身半差で勝利しました。

いずれのレースにおいても、スムーズに前につける競馬での勝利なのでセントライト記念にもつながります。
懸念点としてはこれらのレーズは少頭数のレースであったために、今回頭数が増えてこれまでの競馬ができるか心配なところはあります。

ルペルカーリア 福永祐一

偉大な兄たちを持つルペルカーリア。

夏はしっかりと休養を挟み、秋の大舞台で活躍できるよう備えています。

新馬戦こそ4着に敗れてしまったものの、その後の未勝利戦ではしっかりと勝利しています。
兄たち同様気性面にやや難があり、勝利した未勝利戦でも行きたがるそぶりを見せていました。

それでも前走のG2京都新聞杯では2着と好走をしています。このレースは後ろからの競馬をする馬たちに有利なレースではあったものの、逃げ切っての2着だったので評価はできます。

前走逃げてしまったことや、休み明けということからより一層気性面では心配が残るものの、血統面での背景からルペルカーリアはここまでの馬ではありませんのでここはぜひ勝利して次に繋げて欲しいです。

予想

◎タイトルホルダー
◯ヴィクティファルス
▲ソーヴァリアント
△ルペルカーリア

本命はタイトルホルダーにします。
やはり中山競馬場での成績は安定していて、他の馬には無い強みを持っていると思います。
前にスムーズに付けられる点もこのレースにとってはプラスに働くでしょう。

対抗にヴィクティファルスです。
G1皐月賞、日本ダービーでは着順を落としてしまっているものの、G3共同通信杯では後のダービー馬となるエフフォーリアの2着、またG2スプリングステークスでは優勝しています。ここら辺の相手なら馬券圏内もありえるでしょう。

単穴にソーヴァリアントです。
この夏に着実に勝利を重ね、ここまで上がってきました。
相手は強くなりますが、これまでのような好走に期待します。

その他気性面にはやや心配が残りますが、ルペルカーリアを絡めて馬券を購入していきたいと思います。

まとめ

セントライト記念の有力馬、予想を紹介しました。

夏競馬唯一のG2に注目していきましょう!

買い目はAIの予想と絡めてTwitterで発信します。
Twitterのフォローをお願いします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA