予想

【JRA重賞予想】秋華賞を勝つ馬はこの馬だ!【秋華賞】

こんにちは

当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

この記事ではG1秋華賞の予想を行なっていきます。
気になる印はこちらでも公開!

春の実績馬が来るのか、夏の上がり馬が来るのか牝馬3冠最後のレースとなります。

【JRA重賞予想】秋華賞を勝つ馬はこの馬だ!【秋華賞】

①秋華賞枠順
②有力馬紹介
③レース予想

こちらの順番で秋華賞を予想していきます。

秋華賞枠順


以上ご覧のような枠順で決定しています。

有力馬紹介

ソダシ 吉田隼人

G1 3勝目を目指すソダシ。

白毛馬初の無敗牝馬3冠を目指しましたが、オークスでは8着に敗れてしまいました。
オークスでは2400mがソダシにとっては長すぎたこともあってか、折り合いを欠いてしまいました。
積極的に前につける競馬をしたものの、後ろからの馬が有利な展開になってしまいました。

前走の札幌記念では距離短縮に加え、斤量負担が52kgということもあってかラヴズオンリーユーなどの現役トップの馬たちを抑え勝利しました。
札幌記念のレース展開もスムーズに先行し、直線で抜け出して粘りこむ安定感の高いレースを見せています。

デビューから鞍上を務める吉田騎手とのコンビで白毛馬ソダシの勝利に期待します。

ファインルージュ C.ルメール

G3紫苑ステークスを勝利したファインルージュ。

G3フェアリーステークスを勝利し、見事重賞ウィナーになるとクラシック初戦の桜花賞では8番人気ながらも3着に入りました。
内枠を見事に活かし、ソダシ、サトノレイナスとの差を0.1秒に収めました。

オークスこそ11着と大敗を喫したものの、この馬にとって距離が長く後方からの展開になるも直線で脚が止まってしまいました。

夏はしっかりと休養を挟み、秋の始動戦となるG3紫苑ステークスでは2着のスルーセブンシーズに1馬身と4分の3差をつける快勝劇を見せつけました。
終始外を回る厳しいレース運びでしたが、最終的に後続を突き放し強さを出しました。

フェアリーステークス勝利時の騎手であるC.ルメール騎手に鞍上を任せ最後の1冠を狙います。

アンドヴァラナウト 福永祐一

夏の上がり馬の代表アンドヴァラナウト。

これまでのレースの成績は6戦して3勝、2着3回と連対率100%と崩れることなくとても安定した走りを見せています。
そのうち阪神競馬場では3回走っていて1勝、2着2回となっています。

ローズステークスでは1勝クラスを勝利したばかりではあったものの、春のクラシックを走ってきた馬たちを相手に見事勝利しました。
この馬の成長力が垣間見えたレースとなり、一気に秋華賞の主役候補に名乗りを上げました。

引き続き福永騎手の手綱で勢いのままに秋華賞も勝利を狙います。

アカイトリノムスメ 戸崎圭太

偉大な母へ勝利を届けたいアカイトリノムスメ。

アカイトリノムスメの母であるアパパネは言うまでもなく秋華賞をはじめとする牝馬3冠レースを勝利しています。

この馬も桜花賞は4着、オークスでは2着と勝利こそあと一歩の成績ではありますが、新馬戦以降大崩れもありません。

阪神競馬場は桜花賞で経験していて、右回りも問題ないと言えるでしょう。
オークスからの直行ローテーションとはなりますが、近3年においてはオークスからの直行組が勝利しているのでこちらも流れがあると言えます。

クイーンステークス勝利時の騎手である戸崎騎手に鞍上を任せ、春の巻き返しを狙います。

ユーバーレーベン M.デムーロ

オークスを勝利したユーバーレーベン。

新馬戦を勝利してから果敢に重賞に挑戦し、勝ちきれないレースを続けていましたが、前走のオークスで見事勝利を飾りました。
それまでは強烈な末脚で追い上げるも、展開が向かずあと一歩のところで勝ちきれませんでした。

後方待機の馬が有利な展開になれば馬券に絡んでくる確率はかなり高くなると言えるでしょう。

過去10年間のオークス馬の秋華賞成績は(5, 1, 0, 1)とかなり安定しています。

懸念点としては大事には至らなかったものの、オークス勝利後に屈腱周囲炎を発症していました。
この影響がどこまで響いているのかは未知ですが、オークス馬の力を見せてくれることに期待します。

予想

◎ファインルージュ
◯ソダシ
▲ユーバーレーベン
△アールドヴィーヴル、アカイトリノムスメ

本命はファインルージュ。
紫苑ステークスでのレース運びはまさにこの馬の実力の真骨頂であったと思います。
春の悔しい経験をここで一気に晴らしてくれることでしょう。

対抗にソダシ。
初めは白毛馬と言って話題になっているだけであると思っていましたが、もはやこの世代の牝馬の中ではトップの実力の持ち主です。
札幌記念での勝利はそれを物語っているレースでした。
気性面やマークされることを考慮するとスムーズにレースを運ぶことは困難であると想定し、評価を下げています。

単穴にユーバーレーベン。
オークスの展開はこの馬にとって最高の形をもたらしました。
前が止まるような展開であれば必ず末脚を伸ばしてくれます。

そのほかアールドヴィーヴルやアカイトリノムスメを絡めて馬券を購入していきたいと思います。

まとめ

秋華賞の有力馬、予想を紹介しました。

3冠牝馬最後の一冠をかけたG1に注目していきましょう!

買い目はAIの予想と絡めてTwitterで発信します。
Twitterのフォローをお願いします。

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA