予想

【JRA重賞予想】中山金杯を勝つ馬はこの馬だ!【中山金杯】

こんにちは

当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

この記事ではG3中山金杯の予想を行なっていきます。
気になる印はこちらでも公開!

【JRA重賞予想】中山金杯を勝つ馬はこの馬だ!【中山金杯】

①中山金杯枠順
②有力馬紹介
③レース予想

こちらの順番で中山金杯を予想していきます。

中山金杯枠順


以上ご覧のような枠順で決定しています。

有力馬紹介

ヒートオンビート 横山武史

重賞初勝利を狙うヒートオンビート。

昨年のG2目黒記念では重賞初挑戦ながら2着に好走しました。
このレースでは勝馬に2馬身半差をつけらることにはなってしまいますが、斤量負担の差も3kgあったので仕方がありません。
レースレベルは低くない中で正攻法の競馬で好走していることは評価できます。

その後のG2京都大賞典では展開が合わず8着に敗れてしまっていますが、続くG3チャレンジカップでは得意のスローからの瞬発勝負が功を奏し2着に入っています。

初勝利こそ5戦してしまったものの、その後は重賞含め(3, 5, 1, 2)と安定感は抜群です。

トーセンスーリヤ 横山和生

昨年は重賞での好走が目立ったトーセンスーリヤ。

昨年はG3函館記念で久しぶりに重賞を勝利すると、その後のG3新潟記念でも2着と連続で重賞を連対しています。
続くG1天皇賞(秋)では流石に厳しく大敗を喫していますが、強豪相手に堂々とした走りをしています。

スムーズに先行できるタイプであり、安定感は非常に高いです。
前有利の展開であれば間違いなく馬券に絡んでくることは間違いないでしょう。

中山競馬場ではこれまで9戦して(2, 1, 1, 5)という成績ではありますが、着外の5回のうち4回が掲示板内ではあるので問題はなさそうです。

斤量負担57.5kgが重くのしかかりますが、過去10年の結果を見ると斤量負担が重い馬であっても成績はまずまずなので軽視はできません。

予想

◎ヒートオンビート
◯ロザムール
▲ヴィクティファルス
△タガノディアマンテ

まとめ

中山金杯の有力馬、予想を紹介しました。

新年を祝う中央重賞に注目していきましょう!

買い目はAIの予想と絡めてTwitterで発信します。
Twitterのフォローをお願いします。

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA