分析

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から天皇賞(秋)を分析【天皇賞(秋)】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の東京競馬場では秋の古馬3冠レースの初戦
天皇賞(秋)が開催されます。

この記事では過去10年のG1天皇賞(秋)結果からレース分析を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から天皇賞(秋)を分析【天皇賞(秋)】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦世代

こちらの順番で天皇賞(秋)のレース分析をしていきます。

コース解説

天皇賞(秋)は東京競馬場芝2000mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は1コーナー奥のポケットにあります。
スタート後約100m進んだところに左へ曲がる大きなカーブがあり、他頭数の場合は外枠が不利になります。
向正面の長い直線を走り、3コーナー手前に差しかかるところで緩い上り坂があります。
3コーナーから4コーナーにかけて下り坂になっていて、最後の直線に入ると高低差約2.1mのなだらかな上り坂を上ることになります。
最後の直線の距離は525.9mあり、新潟競馬場外回りに次ぐ長さとなっています。

レース分析


過去10年の天皇賞(秋)枠順別成績を見てみると、4枠が4勝と最多となっています。
その他にも2着が1回、3着が2回となっていて連対率は約26%、複勝圏内率は約37%と他の枠順と比較すると1番よいデータとなっています。

3枠と8枠は勝利、連対が無く苦戦しています。
8枠に関しては東京競馬場2000mのコースの特性からかかなり苦戦が強いられそうです。

前走レース

毎日王冠組(3, 2, 5, 39)
安田記念組(2, 2, 0, 4)
札幌記念組(2, 1, 0, 13)
宝塚記念組(1, 3, 3, 16)
京都大賞典組(1, 0, 0, 13)

今年の出走予定馬で該当する馬が
毎日王冠組
→カイザーミノル(5着)、カデナ(10着)、サンレイポケット(6着)、ポタジェ(3着)、ラストドラフト(13着)

安田記念組
グランアレグリア(2着)

札幌記念組
ペルシアンナイト(3着)、ユーキャンスマイル(6着)

宝塚記念組
→カレンブーケドール(4着)

京都大賞典組
→モズベッロ(13着)、ムイトオブリガード(11着)

以上11頭があげられます。

その他にもG1日本ダービー2着のエフフォーリアG1大阪杯3着のコントレイルG1天皇賞(春)を勝利しているワールドプレミアなどが参戦予定となっています。

前走距離

1800m組(3, 2, 5, 42)
2200m組(2, 4, 4, 40)
1600m組(2, 2, 0, 6)
2000m組(2, 1, 0, 23)
2400m組(1, 0, 0, 13)

過去10年の天皇賞(秋)前走距離別成績を見てみると、1800mからの参戦馬が3勝となっています。

それに続いて1600m、2000m、2200mからの参戦馬が2勝ずつを分けています。

2400mからの参戦馬は過去10年では1勝しか無く、人気の一角であるエフフォーリアには厳しいデータとなっています。

脚質


過去10年の天皇賞(秋)脚質別成績を見てみると、差し馬が6勝と最多となっています。

先行馬も4勝していて先行から中団につけることができる馬をメインとして考えていけば良いでしょう。

また、前走の上がりが上位の馬の好走率も高くなっていて安定した上がりが使える馬を抑えておいた方が良さそうです。

人気


過去10年の天皇賞(秋)人気別成績を見てみると、1番人気が5勝と最多となっています。
1番人気はその他にも2着2回、3着1回と連対率は70%、馬券圏内率は80%と安定したデータとなっていてかなりの確率で馬券に絡んできます。

加えて2番人気の馬の成績も好調でこちらも馬券圏内率は60%となっています。

人気の中では3番人気の馬は勝利が無く2着1回、3着1回と成績が落ち込んでいます。

7番人気以下は数回馬券に絡んだことはあるものの、毎年好メンバーが集まることもあり馬券に絡むチャンスはかなり低いです。

世代


過去10年の天皇賞(秋)枠順別成績を見てみると、5歳馬が7勝と最多となっていて他の世代を大きく突き放している結果となります。

基本的にメインとして考えるのは4歳世代、5歳世代で良さそうです。

また3歳世代も過去11頭が天皇賞(秋)に参戦していますが、勝利は無く2着と3着が1度ずつのみと苦戦しています。
その馬券に絡んだ3歳世代はイスラボニータとフェノーメノの2頭であり、サートゥルナーリアのような実力馬でも馬券に入れていません。

まとめ

天皇賞(秋)の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA