分析

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から紫苑ステークスを読み解く【紫苑S】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の中山競馬場では女王への挑戦切符を懸けた一戦
紫苑ステークスが開催されます。

この記事では過去10年のG3紫苑ステークス結果からレース分析を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から紫苑ステークスを読み解く【紫苑S】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気

こちらの順番で紫苑ステークスのレース分析をしていきます。

コース解説

紫苑ステークスは中山競馬場芝2000mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた正面スタンド前の右端にあります。
最初の1コーナーまでの距離はAコース使用時で約405mになります。
1コーナーから2コーナーの中間までは上り坂となり、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦となります。
3コーナーから4コーナーは緩い下り坂です。
最後の直線は310mと短く、ゴール前には高低差約2.2mの急坂があります。
スタート後すぐとゴール前とで2度も急坂を上ることになります。

レース分析


過去10年の紫苑ステークスの枠順別成績を見てみると、8枠が3勝と最多となっています。それに続いて5枠と7枠が2勝ずつとなっています。

これからもわかる通り5枠よりも外枠で7勝と、勝利となると外枠の方が有利であることが伺えます。また外枠は2着5回、3着も5回と馬券に絡んでくる回数も多くなっています

反対に内枠は少々苦戦気味で、特に2枠は勝利こそ1度あるものの、2着3着が無く不安なデータとなっています。

前走レース

G3昇格後過去の5年間データとなります

優駿牝馬(オークス)組(2, 2, 2, 14)
HTB賞組(1, 0, 0, 0)
フローラステークス組(1, 0, 0, 7)
かもめ島特別組(0, 1, 1, 0)
ラジオNIKKEI賞組(0, 1, 0, 1)

今年の出走予定馬で該当する馬が
優駿牝馬(オークス)組
→スライリー(12着)、スルーセブンシーズ(9着)、ハギノピリナ(3着)、パープルレディー(10着)、ファインルージュ(11着) 、ミヤビハイディ(6着)

HTB賞、フローラステークス、かもめ島特別、ラジオNIKKEI賞組
→該当馬はいません

以上6頭があげられます。

その他G1桜花賞からはホウオウイクセル(9着)が出走予定です。

前走距離

G3昇格後過去の5年間データとなります

2000m組(3, 1, 0, 17)
2400m組(2, 2, 3, 15)
1800m組(0, 2, 1, 26)
1600m組(0, 0, 1, 3)
1200m組(0, 0, 0, 1)

G3昇格後の過去5年の紫苑ステークスの枠順別成績を見てみると、同距離である2000mからの参戦馬が3勝しています。

しかしながら馬券に絡んできている回数で見ると、2400mからの距離短縮組が馬券に多く絡んできています。

脚質

G3昇格後過去の5年間データとなります


G3昇格後の過去5年の紫苑ステークスの脚質別成績を見てみると、先行馬が3勝と最多となています。
連対率でみても約28%、複勝圏内率だと39%と他の脚質と比較すると好データとなっています。

比較的好位置につけられる馬を狙ってみると良いでしょう。

追込み馬は開幕週ということもあり、前が中々止まらないことを想定すると買いにくい脚質となるでしょう。馬券にも1度も絡んでいません。

人気


過去10年の紫苑ステークスの人気別成績を見てみると、1番人気が3勝と最多となっています。
連対率は50%、複勝圏内率も60%と人気馬の中では揺るがない過去のデータとなっています。

3番人気は勝利が無くややこのレースと相性が悪い様子が伺えます。

4番人気以下も5勝と人気薄にもやや希望があるレースです。
それでも6番人気までの馬券圏内回数が多く、それ以下の人気となると少々厳しいでしょう。

まとめ

紫苑ステークスの過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA