分析

【レース分析】過去10年の結果から札幌記念を読み解く【札幌記念】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の札幌競馬場では秋のG1戦線を占う大一番
札幌記念が開催されます。

この記事では過去10年のG2札幌記念結果からレース分析を行なっていきます。

【レース分析】過去10年の結果から札幌記念を読み解く【札幌記念】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦世代

こちらの順番で札幌記念のレース分析をしていきます。

コース解説

札幌記念は札幌競馬場芝2000mで行われます。


(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は正面スタンド前直線の4コーナー奥にあるポケットにあります。
1コーナーまでの距離は約380mあり、スタンド前の直線を大きく横切り1周します。
札幌競馬場の芝コースは高低差が約0.7mと小さく、全周にわたりほぼ平坦となります。
また、コース全体が丸みを帯びていて、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴もあります。
したがって1〜2コーナー、3〜4コーナーはかなり緩やかなカーブとなっています。
最後の直線は約266m(Aコース使用時)あり、洋芝となります。

レース分析


過去10年の札幌記念枠順別成績を見てみると、1枠が4勝と他の枠とかなりの差をつけて最多となっています。
その他6枠、7枠が2勝ずつで続いています。

2枠と3枠に関しては勝利がありません
特に2枠に関しては2着が3回のみの成績となっていて札幌記念との相性があまりよくありません。

勝利となると外枠がやや有利になると伺えます。

前走レース

函館記念組(3, 3, 2, 32)
安田記念組(2, 2, 1, 4)
宝塚記念組(1, 2, 1, 6)
目黒記念組(1, 1, 0, 6)
優駿牝馬組(1, 0, 0, 1)

今年の出走予定馬で該当する馬が
函館記念組
→アイスバブル(2着)、ディアマンミノル(4着)、バイオスパーク(3着)、マイネルウィルトス(8着)

安田記念、宝塚記念組
→該当馬はいません

目黒記念組
→ウインキートス(1着)

優駿牝馬組
→ソダシ(8着)

以上6頭があげられます。

その他にも香港のG1であるクイーンエリザベス2世カップを勝利したラヴズオンリーユーや七夕賞を勝利したトーラスジェミニ、鳴尾記念で復調気配を見せたブラストワンピースらが出走予定です。

前走距離

2000m組(3, 3, 3, 52)
1600m組(2, 2, 1, 6)
1800m組(2, 1, 0, 26)
2200m組(1, 2, 1, 6)

過去10年の札幌記念前走距離別成績を見てみると札幌記念と同じ距離である2000mからの参戦馬が好成績となっています。

その他1600mや1800mからの参戦馬の相性が良く、どちらかといえば距離延長組に部がありそうです

脚質


過去10年の札幌記念脚質別成績を見てみると、差し馬が5勝と最多となっています。

それでも割合で見てみると、差し馬は連対率約16%、複勝圏内率が約25%と先行馬よりも若干劣っています。

先行馬は連対率20%、複勝圏内率が30%と脚質で見ると馬券圏内の確率が1番良いです。

追込み馬の勝利は無く、勝利となるとやや厳しい状況にあると伺えます。

人気


過去10年の札幌記念人気別成績を見てみると、基本的には大きく荒れることなく、勝利となると6番人気以内で収まります

勝利数で見ると2番人気が4勝で最多となっていて、1番人気よりも勝利数が多いです。
しかしながら馬券圏内で考えると、1番人気は連対率50%、複勝圏内率80%とかなり高い割合で馬券に絡んでいます

よって1番人気は馬券に絡めた方が良さそうです。

世代


過去10年の札幌記念世代別成績を見てみると、4歳世代、5歳世代、6歳世代が3勝ずつあげていて、並んでいます。
このことからも実力は均衡していて、どの世代にも勝利するチャンスはありそうです

中でも馬券で考えると5歳世代は連対率約20%、複勝圏内率約32%とこれらの世代の中では1番良い成績を残しています。

中心として考えるのであれば5歳世代と言えるでしょう。
1番人気想定のラヴズオンリーユーや七夕賞を勝利したトーラスジェミニが主な5歳世代であげられます。

7歳世代以降も2着に3度きていますが、期待値は低そうです。
しかしながら、今年はペルシアンナイトが7歳で出走予定となりますが、昨年2着の実績もあるので侮れません。

まとめ

札幌記念の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA