分析

【レース分析】過去10年の結果から札幌2歳ステークスを読み解く【札幌2歳S】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の札幌競馬場では北の大地での2歳戦
札幌2歳ステークスが開催されます。

この記事では過去10年のG3札幌2歳ステークス結果からレース分析を行なっていきます。

【レース分析】過去10年の結果から札幌2歳ステークスを読み解く【札幌2歳S】

①コース解説
②枠
③前走距離
④脚質
⑤人気

こちらの順番で札幌2歳ステークスのレース分析をしていきます。

コース解説

札幌2歳ステークスは札幌競馬場芝1800mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば付近にあります。
最初のコーナーまでの距離は約180mになります。
全周にわたって高低差が0.7mと小さく、ほぼ平坦なコースです。
コース全体が丸みを帯びていて、コーナーが大回りで緩やかなカーブとなっていて直線部分が短いという特徴があります。
最後の直線は約266mあり、芝は洋芝となっています。

レース分析


過去10年の札幌2歳ステークス枠順別成績を見てみると、7枠が3勝と最多となっています。7枠は連対率も25%と8枠と並んで好データとなっています。

また7枠、8枠と外枠で4勝、2着6回、3着2回と好成績が出ています。

6枠に関しては勝利が無く、2着1回のみと成績が良くありません。
人気馬が6枠に入ってきたら注意が必要です。

前走距離

1800m組(7, 8, 8, 69)
1600m組(2, 0, 0, 6)
1500m組(1, 2, 2, 17)

過去10年の札幌2歳ステークス前走距離別成績を見てみると、基本的には同距離である1800mからの参戦馬を狙っていけば間違いなさそうです。

1600mからの参戦組は勝利こそ2勝しているものの、2着3着が1度もありません。
逆に1500mからの参戦組は1勝ではありますが、2着2回、3着2回と馬券に絡むことが多くなっています。

脚質


過去10年の札幌2歳ステークス枠順別成績を見てみると、先行馬が7勝と圧倒的に他と差をつけて最多となっています。
また2着5回、3着5回と連対率は約32%、複勝圏内率は約45%とこちらも他と差をつけて好データとなっています。

基本的には前に付けられる馬から狙ってみることが良さそうです。

人気


過去10年の札幌2歳ステークス人気別成績を見てみると、2番人気と5番人気の馬が3勝と最多となっています
5番人気までならどの馬でも勝利するチャンスはありそうです。

1番人気の馬も連対率40%、複勝圏内率60%とまずまずのデータとなっています。

まとめ

札幌2歳ステークスの過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA