分析

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から毎日王冠を分析【毎日王冠】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の東京競馬場では秋のG1戦線を占う一戦
毎日王冠が開催されます。

この記事では過去10年のG1毎日王冠結果からレース分析を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から毎日王冠を分析【毎日王冠】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦世代

こちらの順番で毎日王冠のレース分析をしていきます。

コース解説

毎日王冠は東京競馬場芝1800mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は1~2コーナーの間にあるポケットからスタートされます。
正面から見ると、2コーナーを斜めに横切り向正面に合流し、合計3つのコーナーによる特殊なコースになっています。
スタートしてから向正面の合流地点までの距離は約150mあり、下り坂で進みます。
3コーナー手前に差し掛かるところで上り坂となり、上り切った後4コーナー手前まで下り勾配が続きます。
4コーナーから直線半ばまで上り坂が続き高低差は約2mに及びます。
最後の直線は約525mと長いコースとなっています。

レース分析


過去10年の毎日王冠枠順別成績を見てみると、勝利している枠が2枠、6枠、7枠、8枠のみとなっています。
勝利となると外枠で8勝と偏った結果になっています。

しかしながら毎日王冠はレースの特徴としてフルゲートになることが少なく、2桁枠順での勝利は2勝となっています。

苦戦している枠が3枠で過去10年では2着が1回のみのデータとなっています。

前走レース

エプソムカップ組(3, 1, 2, 7)
日本ダービー組(2, 2, 0, 4)
安田記念組(1, 3, 2, 19)
札幌記念組(1, 1, 0, 7)

今年の出走予定馬で該当する馬が
安田記念組
→ケイデンスコール(10着)、シュネルマイスター(3着)ダノンキングリー(1着)、ダイワキャグニー(11着)

札幌記念組
→トーラスジェミニ(10着)

エプソムカップ、日本ダービー組
→該当馬はいません

以上5頭があげられます。

その他にもドバイG1ドバイターフ2着のヴァンドギャルドやG1宝塚記念7着カデナが出走を予定しております。

最近の傾向として、昨年こそ該当しなかったものの2017年から2019年に関しては安田記念組が馬券に多く絡んできているので見逃せません。

前走距離

1800m組(4, 1, 4, 13)
1600m組(2, 5, 2, 35)
2400m組(2, 2, 0, 6)
2000m組(2, 1, 3, 29)
2200m組(0, 1, 1, 8)

過去10年の毎日王冠前走距離別成績を見てみると、毎日王冠と同距離である1800mからの参戦馬が4勝と最多となっています。

マイルからの参戦馬は2着が5回と多く、馬券には絡んでくるものの勝ち切れないデータの印象となります。

脚質


過去10年の毎日王冠脚質別成績を見てみると、どの脚質も満遍なく勝利していて特別どの脚質が有利であるとかは過去のデータからはつかめません。

その中でも逃げ馬は複勝圏内率が50%と馬券に絡む確率が他の脚質と比較して高くなっています。
秋の東京競馬場開幕週ということもあり、楽々前で逃げる展開になると止まらない可能性はあります。

人気


過去10年の毎日王冠人気別成績を見てみると、1番人気が7勝と最多となっています。2着と3着こそありませんが、勝率70%のかなり高いデータとなっています。

さらに深掘りすると、1番人気の馬で東京の芝重賞レースで勝利していると(7, 0, 0, 1)とさらに勝利に向いたデータとなっているので注目してみましょう。

それ以下の人気となると5番人気の馬が5度馬券に絡む活躍をみせています。

世代


過去10年の毎日王冠世代別成績を見てみると、4歳世代が4勝と最多となっています。

グラフからもわかる通り、歳を重ねるにつれて綺麗に勝率が下がっています。
基本的に狙いとしては3歳世代から5歳世代の馬で良いかと考えます。

まとめ

毎日王冠の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA