分析

【レース分析】過去10年の結果からレパードステークスを読み解く【レパードS】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の新潟競馬場では秋に飛躍を誓う3歳馬によるダート戦
レパードステークスが開催されます。

この記事では過去10年のG3レパードステークス結果からレース分析を行なっていきます。

【レース分析】過去10年の結果からレパードステークスを読み解く【レパードS】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気

こちらの順番でレパードステークスのレース分析をしていきます。

コース解説

レパードステークスは新潟競馬場ダ1800mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は正面スタンド前直線の4コーナーよりのところにあります。
1コーナーまでの直線距離は約389mあり、高低差は無く平坦です。
1〜2コーナー途中から2コーナー過ぎまで緩い上り坂が続きます。
競馬場全体が横に長いためコーナーの角度がきつい構造になっており、特に3〜4
コーナーはスパイラルカーブとなっています。
最後の直線は約353mあります。

レース分析


過去10年のレパードステークス枠順別成績データを見てみると、4枠が3勝と最多となっています。続いて4枠、7枠が2勝と続いています。
カーブが急なこともあり、勝利となるとやや内枠が有利な部分があり、4枠から内枠の馬で6勝あげています。

5枠から外枠の馬は勝利となるとやや劣勢になるものの、2着3着に入ることは多く、連対率や複勝圏内率となると高い割合で入線しています。

前走レース

ジャパンダートダービー組(4, 3, 3, 12)
ユニコーンステークス組(4, 0, 0, 17)
濃尾特別組(1, 1, 0, 7)
青竜ステークス組(1, 0, 0, 0)
御嶽特別組(0, 2, 0, 0)

今年の出走予定馬で該当する馬が
ジャパンダートダービー組
ロードシュトローム

ユニコーンステークス組
クリーンスレイト

濃尾特別、青竜ステークス、御嶽特別組
→該当馬はいません

以上2頭があげられます。

例年に比べて、ジャパンダートダービーやユニコーンステークスからの参戦馬が少なく実力差はあまり無いように感じます。

前走距離

1600m組(5, 1, 2, 30)
2000m組(4, 3, 3, 15)
1800m組(1, 6, 0, 32)
1700m組(0, 0, 2, 16)

勝利数が1番多い前走距離は1600mからの参戦馬となります。
この1600mと言ってもメインとなるのはユニコーンステークスをはじめとする東京ダ1600mからの参戦となる馬で、前走が東京ダ1600mの馬は注意が必要です。

その他2000mからの参戦馬で勝利しているのは全てジャパンダートダービーからの参戦馬となります。

脚質

過去10年のレパードステークス脚質別成績データを見てみると、先行馬が5勝と最多となっています。
コースが全体的に平坦なこともあり、前の馬が止まることなく粘り込みの結果7勝2着7回、3着5回と好成績になっています。

コーナーがかなり厳しくなっていて、後ろからの馬のチャンスは少なそうです。

人気


過去10年のレパードステークス人気別成績データを見てみると、1番人気が4勝と最多となっています。
また1番人気は連対率60%、複勝圏内率80%とかなり安定していて軸として考えても良さそうです。

3番人気の成績が落ち込んでいて、2着が2回のみと人気の割には成績を落としているのでそのほかの条件によっては思い切って馬券から外す候補にあげてみても良いでしょう。

まとめ

レパードステークスの過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA