分析

【レース分析】過去10年の結果から小倉記念を読み解く【小倉記念】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の小倉競馬場では実績馬が集結した一戦
小倉記念が開催されます。

この記事では過去10年のG3小倉記念結果からレース分析を行なっていきます。

【レース分析】過去10年の結果から小倉記念を読み解く【小倉記念】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦斤量
⑧世代

こちらの順番で小倉記念のレース分析をしていきます。

コース解説

小倉記念は小倉競馬場芝2000mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は正面スタンド前直線の4コーナーのポケットにあります。
最初の1コーナーまでの距離は約472mです。
1コーナーから2コーナーは上り坂となっていて、2コーナー入り口に最高部があります。
3〜4コーナーはスパイラルカーブで下り坂となります。
最後の直線は約293mあります。

レース分析


過去10年間の小倉記念の枠順別成績を見てみると、3枠と8枠が3勝ずつと最多になっています。特に3枠は連対率が25%を超え、複勝圏内率が40%と他の枠と比較すると成績が良いです。

1枠、4枠、5枠に関しては勝利がありません
1枠に限っては3着が1回とかなりこのレースとの相性が悪く、人気馬が1枠に入るようであれば注意が必要です。

前走レース

七夕賞組(3, 1, 4, 40)
鳴尾記念組(3, 0, 0, 3)
天皇賞(春)組(1, 1, 0, 1)
関ケ原ステークス組(1, 0, 0, 2)
垂水ステークス組(1, 0, 0, 4)

今年の出走予定馬で該当する馬が
七夕賞組
→アールスター(11着)、ショウナンバルディ(3着)

鳴尾記念、天皇賞(春)、関ケ原ステークス、垂水ステークス組
→該当馬はいません

以上2頭があげられます。

その他G3エプソムカップからヴェロックス(4着)、ヒュミドール(6着)、ファルコニア(3着)ら3頭が出走予定です。

前走距離

2000m組(9, 5, 7, 66)
3200m組(1, 1, 0, 1)
1800m組(0, 3, 1, 19)
2400m組(0, 1, 0, 2)

過去10年間の小倉記念の前走距離別成績を見てみると、小倉記念と同舞台である2000mからの参戦馬が9勝と、ほぼ前走2000m組で決まっています。

今年の出走予定馬には3200mからの参戦馬はいないので、その次に成績が良いのは1800mからの距離延長組となります。

出走予定馬を見てみると、テーオーエナジー以外の馬はこの2つの距離からの参戦となります。

脚質


過去10年間の小倉記念の脚質別成績を見てみると、先行馬が5勝と最多となっています。また、先行馬は連対率20%、複勝圏内率30%と他の脚質に比べて小倉記念との相性が良いです。

前の馬が有利かというとそういう訳でもなく、逃げ馬に関しては連対率は0%と走れていません。

直線が短くとも後ろからレースを進める馬にもチャンスはありそうです。

人気


過去10年間の小倉記念の人気別成績を見てみると、どちらの人気が好走するということではなく、ハンデ戦ということもありかなり拮抗しています。

中でも3番人気は3勝しているので参考までに抑えておくと良いでしょう。
また、人気の中でも2番人気の勝利はありません

10番人気以下も2勝していて、記憶に新しいレースが昨年のアルースターは単勝10番人気26.3倍で勝利しています。今年もアールスターは小倉記念に参戦予定です。

斤量


過去10年間の小倉記念の斤量別成績を見てみると、どちらの斤量負担も似たり寄ったりの結果となっていてハンデ戦であることが強調されます。

斤量負担では予想の判断はつかないでしょう。

世代


過去10年間の小倉記念の世代別成績を見てみると、5歳世代が5勝と最多となっています。それに続いて4歳世代が4勝と続いています。
基本的に連対で考えると5歳世代と4歳世代が高い割合を占めているのでほぼこちらの世代で決まると言って良いでしょう。

6歳世代以降は1度は勝利があるものの、基本的には3着までと考えて良さそうです。

3歳世代の出走予定馬はいません。

まとめ

小倉記念の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA