分析

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から京成杯オータムハンデを読み解く【京成杯AH】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の中山競馬場ではサマーマイルシリーズ最終戦
京成杯オータムハンデが開催されます。

この記事では過去10年のG3京成杯オータムハンデ結果からレース分析を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から京成杯オータムハンデを読み解く【京成杯AH】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦斤量
⑧世代

こちらの順番で京成杯オータムハンデのレース分析をしていきます。

コース解説

京成杯オータムハンデは中山競馬場芝1600mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は1コーナー横のポケットにあります。
2コーナーまで約240mを緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.4mの勾配を駆け下ります。
最後の直線距離は310mとなり、ゴール前には高低差約2.2mの急坂があります。

レース分析


過去10年間の京成杯オータムハンデ枠順別成績を見てみると、5枠が5勝と最多となっています。その他の枠と成績を比較しても中々の好データとなっています。

7枠と8枠の外枠に関して勝利が無く、コースの形態からも非常に厳しい戦いとなりそうです。人気馬が外枠に入ってきたら注意しましょう。

前走レース

関屋記念組(2, 5, 5, 46)
中京記念組(1, 0, 2, 9)
阿武隈ステークス組(1, 0, 0, 0)
夏至ステークス組(1, 0, 0, 0)
七夕賞組(1, 0, 0, 0)

今年の出走予定馬で該当する馬が
関屋記念組
→カラテ(2着)、グランデマーレ(5着)、マイスタイル(4着)

中京記念組
→カテドラル(2着)

阿武隈ステークス、夏至ステークス、七夕賞組
→該当馬はいません

以上4頭があげられます。

その他の重賞からは、G1NHKマイルカップ3着のグレナディアガーズ、G1ヴィクトリアマイル15着のスマイルカナ、9着のマルターズディオサ、日本ダービー15着のバスラットレオンらが参戦予定です。

前走距離

1600m組(3, 9, 9, 70)
1400m組(3, 0, 1, 25)
1800m組(2, 1, 0, 17)
2400m組(1, 0, 0, 1)
2000m組(1, 0, 0, 2)

過去10年間の京成杯オータムハンデ前走距離別成績を見てみると、京成杯オータムハンデと同距離である1600mからの参戦馬は3勝のみと少ない印象です。しかしながら、2着と3着は9回ずつと他の距離からの参戦馬とはかなりの差をつけています。

その他の距離からの参戦馬を見てみると、1400mからの距離延長組が3勝と並んでいます。

続いて1800mが2勝、2400m、2000mが1勝ずつとなっています。
どちらかといえば距離短縮組の勝利数が多いので頭の片隅に入れておきましょう。

脚質


過去10年間の京成杯オータムハンデ脚質別成績を見てみると、差し馬が5勝と最多となっています。差し馬はその他にも2着4回、3着5回と馬券に絡む回数も多くなっています

しかしながら複勝圏内率の割合で見ると、先行馬の方が27%と若干ではあるものの、他の脚質と比較して好データとなっています。

人気


過去10年間の京成杯オータムハンデ人気別成績を見てみると、1番人気と2番人気の馬が3勝ずつと最多となっています。
特に2番人気の馬は連対率40%、複勝圏内率60%と馬券で考えると過去のデータを見る限り馬券に絡む確率が高くなっています。

10番人気以下の馬もハンデ戦ということもあり、1勝、2着2回、3着3回と他のレースと比較すると馬券に絡んでいます。

勝利となると3番人気までの人気馬で決まる確率が高いですが、2着までなら人気が無くとも狙えるレースではないかと考えます。

斤量


過去10年間の京成杯オータムハンデ斤量別成績を見てみると、斤量負担55kgの馬が3勝と最多になっています。しかしながらどの斤量にも満遍なく勝利があることから特にどの斤量負担が有利とかは無いでしょう。

斤量負担52kgを背負う馬は過去10年ではわずか6頭のみと数少ないですが、その中で2勝、2着1回と連対率は50%と結果を残しています。
今年はクリノプレミアムが斤量負担52kgとして出走予定です。

世代


過去10年間の京成杯オータムハンデ世代別成績を見てみると、5歳世代が5勝と最多となっています。
3歳世代から5歳世代までは勝率、連対率、複勝圏内率で大きな差は無く、過去10年では似たり寄ったりのデータとなっています。

6歳世代は2着3回、3着3回と馬券に絡むことはあるものの、勝利が無く苦戦しています。

まとめ

京成杯オータムハンデの過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA