分析

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から福島記念を分析【福島記念】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の福島競馬場では混戦模様のハンデ重賞
福島記念が開催されます。

この記事では過去10年のG3福島記念結果からレース分析を行なっていきます。

【JRA重賞レース分析】過去10年の結果から福島記念を分析【福島記念】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦斤量
⑧世代

こちらの順番で福島記念のレース分析をしていきます。

コース解説

福島記念は福島競馬場芝2000mで行われます。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点はスタンド前直線を延長した4コーナーのポケットにあります。
最初の1コーナーまでの距離は約505mあります。
1コーナーから2コーナーまではほぼ平坦となり、向正面に入ると緩い上り坂があります。
3コーナーから4コーナーはスパイラルカーブとなっていて、残り400m付近から下り坂になります。
最後の直線は約292mとなり、残り約150m付近から上り坂があります。

レース分析


過去10年の福島記念枠順別成績を見てみると、1枠、2枠、5枠が3勝ずつとかなり偏った枠が勝利していることがわかります。
特に5枠は3勝に加えて2着も4回と連対率が約37%と他の枠と比較しても圧倒的なデータとなっています。

6枠から外の枠に関しては勝利が無いことに加えて、馬券に絡む確率も低くなっています
このことからも人気馬が外枠に入ってしまったら注意が必要です。

基本的に馬券を狙うのであれば内枠の馬を買っておくべきでしょう。

前走レース

天皇賞(秋)組(2, 0, 0, 1)
富士ステークス組(2, 0, 0, 4)
オールカマー組(1, 1, 3, 10)
オクトーバーステークス組(1, 1, 1, 11)
毎日王冠組(1, 0, 1, 5)

今年の出走予定馬で該当する馬が
天皇賞(秋)組
→ムイトオブリガード(10着)

オールカマー組
→ゴールドギア(11着)

オクトーバーステークス組
→アトミックフォース(16着)、ココロノトウダイ(9着)、コスモカレンドゥラ(11着)、サトノエルドール(17着)、パンサラッサ(1着)

毎日王冠組
→マイネルファンロン(12着)

富士ステークス組
→該当馬はいません。

以上8頭があげられます。

その他にもG3小倉記念を勝利しているモズナガレボシやG3京成杯オータムハンデ2着のコントラチェックらが参戦予定です。

前走距離

2000m組(4, 5, 6, 55)
1600m組(3, 0, 0, 7)
2200m組(1, 2, 3, 11)
1800m組(1, 2, 1, 39)
2400m組(1, 0, 0, 5)

過去10年の福島記念枠順別成績を見てみると、同距離である2000mからの参戦組が4勝で最多となっています。2000m組は2着も5回、3着は6回と全体的に成績が良いので基本的にメインであると考えて良いでしょう。

次に1600mからの距離延長組が3勝をあげていますが、それ以外の成績は全て着外となっています。

脚質


過去10年の福島記念脚質別成績を見てみると、先行馬が7勝と最多となっています。
福島競馬場のコース特性からも基本的に前の馬が有利となりそうです。

後ろからでも差し馬なら2着や3着までなら届きますが、勝利となるとやや後手に回ります。
追込みとなるとほぼチャンスは無いと言っても良いでしょう。

人気


過去10年の福島記念人気別成績を見てみると、2番人気が4勝と最多となっています。
他にも1番人気は連対率60%、馬券圏内率は80%とかなり良いデータとなっていて、信頼は厚いと言えるでしょう。

ハンデ戦でありながらも基本的に上位人気は馬券に絡む回数が多いです。

斤量


過去10年の福島記念斤量別成績を見てみると、斤量負担54kgと55kgの馬が3勝ずつで最多タイとなっています。

斤量別で馬券に絡んでいる回数で見ると、ハンデ戦を象徴するかのように分散していると言えるでしょう。

割合で考えると、斤量負担57.5kgの馬は馬券圏内率が約67%と好データになっています。
今回はステイフーリッシュが57.5kgの斤量負担となっているので注目です。

世代


過去10年の福島記念世代別成績を見てみると、3歳世代から6歳世代までで勝利をうまく分けています。
ある決まった世代が特に強いということは無さそうです。

馬券に絡む確率で考えると3歳世代と4歳世代で狙った方が良いと言えるでしょう。

まとめ

福島記念の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA