分析

【レース分析】過去10年の結果から中京記念を読み解く【中京記念】

こんにちは
当記事をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今週の小倉競馬場ではサマーマイルシリーズ第2戦
中京記念が開催されます。

この記事では過去10年のG3中京記念結果からレース分析を行なっていきます。

【レース分析】過去10年の結果から中京記念を読み解く【中京記念】

①コース解説
②枠
③前走レース
④前走距離
⑤脚質
⑥人気
⑦斤量
⑧世代

こちらの順番で中京記念のレース分析をしていきます。

コース解説

中京記念は小倉競馬場芝1800mで行われます。

例年は中京競馬場での開催ですが、今年は小倉競馬場での開催となります。

(引用: 競馬ラボ “https://www.keibalab.jp/”)

スタート地点は正面スタンド前のゴール板から約100m手前の地点となります。
最初の1コーナーまでの距離は約270m。
1コーナーから2コーナーは上り坂が続き、2コーナーが最高部となります。
3コーナーから4コーナーはスパイラルカーブとなっていて、下り坂。
最後の直線は293mとなります。

レース分析

過去10年の中京記念の枠順別成績を見てみると、8枠が3勝と最多となっていて、2枠、3枠、7枠が2勝ずつと続いています。

内枠よりも外枠の方が成績が良く5勝、2着6回、3着5回と連対率、複勝圏内率ともに高い割合になっています。

4枠、5枠、6枠の勝利はなく、勝ちに苦しんでいる印象です。

前走レース

米子ステークス組(2, 3, 2, 21)
パラダイスステークス組(2, 2, 1, 13)
京王杯スプリングカップ組(2, 0, 1, 2)
NHKマイルカップ組(1, 1, 0, 5)
欅ステークス組(1, 0, 0, 0)

今年の出走予定馬で該当する馬が
米子ステークス組
→メイケイダイハード、ロータスランド

パラダイスステークス組
→レインボーフラッグ

京王杯スプリングカップ組、NHKマイルカップ組、欅ステークス組
→該当馬はいません

以上3頭があげられます。

他にもG3マーメイドステークス2着のクラヴェル、また同レース4着のアンドラステやG1ヴィクトリアマイルで4着に入ったディアンドルなどが出走予定です。

前走距離

1400m組(5, 2, 3, 28)
1600m組(4, 6, 5, 63)
1800m組(1, 1, 2, 23)
2200m組(0, 1, 0, 2)

意外にも勝利数で見ると、1400mからの距離延長組の勝利が5勝と最多となっております。

しかしながら、今年は変則開催となり小倉競馬場での開催で距離は1800mとなります。

この辺りがレース結果にどのように影響を与えるのか注目です。

脚質

過去10年の中京記念の脚質別成績を見てみると、追い込み馬が4勝と最多で、先行馬、差し馬が3勝と続いています。

逃げ馬の成績が振るわず、過去10年では1度も馬券圏内に入り込んでいません。

人気

過去10年の中京記念の人気別成績を見てみると、4〜6番人気が4勝と最多となっています。中でも5番人気の成績が(3, 1, 1, 5)と好成績です。

1〜3番人気の勝利が3勝しかなく、勝利のチャンスは人気がなくてもありそうです。

斤量

過去10年の中京記念の斤量別成績を見てみると、57kg負担が4勝と最多となっています。

斤量負担が重くのしかかっても実力があればこなせる印象があります。
今年の出走予定馬で57kgを背負うのはボッケリーニの1頭しかいません。

世代

過去10年の中京記念の世代別成績を見てみると、5歳馬が6勝と最多となっています。
その他5歳馬と6歳馬で9勝、2着7回、3着7回と連対率、複勝圏内率で見ても安定しているので馬券の軸としては最適そうです。

逆に4歳馬の活躍が寂しく、苦戦している印象です。

まとめ

中京記念の過去10年の結果から様々な角度でレース分析をしてみました。
枠順の確定次第予想をあげていきます。

週末の最新予想や買目に関してはTwitterにあげていきますのでフォローお願いいたします。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA